読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぐらかす。

たぐる、ちらかす、はぐらかす。

合流

f:id:neguran0:20160621205006p:plain

「こういうの頼むのめずらしいねえ」

 覗き込まれたガラスポットの中で明るい緑が揺らめいている。返事をせずにカップへ注ぐ。つい言葉につられて頼んでしまった。湯気を吸い込みながら口をつける。メニューに書かれていた名を頭の中で唱えながら。リラックス。リラックスハーブティー。本当に?

 リラックスできない原因が、こちらの挙動を眺めている。三口飲んでカップを置いた。

「いい匂いする?」

「え? ああ、まあ」

「ふーん。……ちょっといい?」

 返事を待たずにするりと伸びてきた両手がカップを持ち去る。きらきらと、閃く水面がその掌を照らす。

「ああ。いい匂い」

 細めた眼と頬笑みがそのままカップに近づいて、僕は小さく声を上げたのかも知れない。

「あ、ごめん、飲んじゃだめだった? おいしいねこれ」

「いえ。いいです。あげます」

 

f:id:neguran0:20160623212802p:plain

f:id:neguran0:20160624011025p:plain

f:id:neguran0:20160625022359p:plain

f:id:neguran0:20160626023450p:plain

f:id:neguran0:20160628162121p:plain

f:id:neguran0:20160629181410p:plain

f:id:neguran0:20160630125351p:plain