読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぐらかす。

たぐる、ちらかす、はぐらかす。

はなやゆきやはる

ハイクより 難燃過護

f:id:neguran0:20160131231912p:plain

f:id:neguran0:20160201001533p:plain

f:id:neguran0:20160201125121p:plain

f:id:neguran0:20160203004044p:plain

f:id:neguran0:20160203015350p:plain

f:id:neguran0:20160204002343p:plain

f:id:neguran0:20160204015334p:plain

f:id:neguran0:20160206003619p:plain

f:id:neguran0:20160206015925p:plain

 

f:id:neguran0:20160206192023p:plain

f:id:neguran0:20160207030359p:plain

「あまい、おいしい、しあわせ」
「いいですねえこれ」
「いいにおい」
「これ入ってる棒はシナモンですかね」
「渦まいてるねこれ」
「あーあったまる。ありがたい」
「……きれいな色だねえ」

「わたしのね、頸の中に」
「はい?」
「滅多なこと毀れないグラスが入っていて、その中にこんな色のワインが詰まってたらいいなあ」
「いい、ですかねそれ」
「頸って自分で見えないから、誰かに上手に取り出して貰えないと飲めない」
「ホラーにきこえる」
「昔は心臓を取り出しても死ななかったんでしょ? 頸を取り出しても死なないかもよ」
「違いますよ。取り出して死なないのは心臓の方」
「?」
「死んで直ぐなら心臓自体はまだ動くって話ですよ」
「ん? う? んー、そうなの?」
「首取ったら死んじゃいます」
「うん」
「取っちゃ駄目ですよ」
「取れないよ」
「……ワインの色がきれいだって話でしょう?」
「そうだよ。ふふ、おいしい」
「ええ」

f:id:neguran0:20160207133949p:plain

 

 

f:id:neguran0:20160208115848p:plain

f:id:neguran0:20160208125359p:plain

f:id:neguran0:20160209132151p:plain

f:id:neguran0:20160210005706p:plain

f:id:neguran0:20160210020250p:plain

f:id:neguran0:20160212015228p:plain

f:id:neguran0:20160212115724p:plain

f:id:neguran0:20160212212618p:plain

f:id:neguran0:20160216233446p:plain

f:id:neguran0:20160217004436p:plain

f:id:neguran0:20160218000137p:plain

f:id:neguran0:20160218005333p:plain

f:id:neguran0:20160218130305p:plain

f:id:neguran0:20160219005333p:plain

f:id:neguran0:20160221140756p:plain