たぐらかす。

たぐる、ちらかす、はぐらかす。

海 春 壁

f:id:neguran0:20170311134405p:plain

f:id:neguran0:20170313011923p:plain

f:id:neguran0:20170314013310p:plain

 

f:id:neguran0:20170316231339p:plain

f:id:neguran0:20170317014801p:plain

花粉は爆ぜて膨らむ。人の粘膜には触れなくなった。

そうして人の作ったものに吸い付いた。寄り添い固まりのしかかり、細いものから壊していく。

 

f:id:neguran0:20170317230705p:plain

 

ひな段々

f:id:neguran0:20170302012316p:plain

f:id:neguran0:20170303163257p:plain

入り口でひなあられを買い求め、雛人形の並べられた通路を抜けたらそこではカルピスが売られていた

f:id:neguran0:20170304182743p:plain

f:id:neguran0:20170306221055p:plain

「あれって全部結婚式なのかしら」
「あー? あぁ、どうなんですかね」
「……ずっとあの格好で暮らしてる?」
「普段着ではないでしょうねぇ」
「子どもの時も出たけどさ、ひなあられとカルピス。人形のこと覚えてないんだよね。立体じゃなかった気がする」
「こいのぼりを折らされた気が」
「あー、折ったかも。おひなさま折ったかも……なんで桃だと結婚式で、端午の節句は鯉なの!?」
「あれも家族でしたよ、確か」
「あー……そっか。でも、結婚式も、子どもも、見ないね」
「見ないですね」
「子どもの頃にしか子ども見てない」
「子どもの頃にはいっぱいいましたけどね」
「ね」

f:id:neguran0:20170310123847p:plain

 

二月逃げる

f:id:neguran0:20170218112706p:plain

 

f:id:neguran0:20170220023717p:plain

f:id:neguran0:20170221082052p:plain

「でも気になるところあったら教えてくれるでしょ」
「それはまあ……結果僕にも関わってきますし」
「ありがたい」
「いやあの、でもねえあの。勝手に読んですみません」
「別にいい」
「だからそうじゃなくて」

f:id:neguran0:20170222154717p:plain

f:id:neguran0:20170227001532p:plain

f:id:neguran0:20170227004658p:plain

 

 

 

f:id:neguran0:20170228231007p:plain

 

 

とうとうこちらに貼り付けるのがハイクでの投稿から一年遅れになっており)

 

f:id:neguran0:20170225000531p:plain

f:id:neguran0:20170225150148p:plain

 

 

 

f:id:neguran0:20170228155556p:plain

ココア押し付ける

ここ、前、あのー、おね……ご夫婦がやっておられませんでしたっけ。

ああ、若いからねえ。今しばらく居ないの。
お役目なの。わしは代わり。

かわり。

代わり。

前の…あっ前の前のおかみさんとか?

おかみさんじゃないけどねえ。
回ってきたからやらせてもらってるよ。あんた前にも来たの。

はい。

とまってくの?

はい。あ、もひとり来ます。

ん。はい。部屋あいてますよ。ありがとうございますう。
f:id:neguran0:20170209211312p:plain
ところで失礼なんですが
おじいさん? おばあさん?

わし? わしはじいさんよ。
 

f:id:neguran0:20170214211234p:plain

f:id:neguran0:20170213145055p:plain

いなかったの、残念なんだ。
ちょっと話を聞いてみたかったんだ。

f:id:neguran0:20170214161554p:plain

f:id:neguran0:20170215202039p:plain

花粉

 

f:id:neguran0:20170205011423p:plain

 節分の前に豆を撒いて騒ぐのは、春が来ればまたふわふわと花粉が降り出して、黄色く黄色くみっちりと積もってものにまとわりついていくから。回るものが回らなくなる。壁も屋根も道も黄色く分厚くなる。

 騒いで、籠る春に備える。

f:id:neguran0:20170206214327p:plain

f:id:neguran0:20170207214516p:plain

f:id:neguran0:20170209011709p:plain

f:id:neguran0:20170211113641p:plain

 

f:id:neguran0:20170212001406p:plain

 

 

 

 

鬼の居る間に

f:id:neguran0:20170201094046p:plain

f:id:neguran0:20170202004951p:plain

f:id:neguran0:20170202184503p:plain

大きめの銭湯的なところだと髪の面倒見てくれる人がいて

風呂上がりにもたついてはことごとく捕まる依頼人(各地で)

f:id:neguran0:20170202223909p:plain

f:id:neguran0:20170202231843p:plain

f:id:neguran0:20170203140127p:plain

f:id:neguran0:20170204160410p:plain