読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぐらかす。

たぐる、ちらかす、はぐらかす。

(なつのいろいろ)

ハイクより 難燃過護

f:id:neguran0:20160801222838p:plain

f:id:neguran0:20160803003301p:plain

f:id:neguran0:20160803200033p:plain

f:id:neguran0:20160806015638p:plain

 

 

f:id:neguran0:20160809233640p:plain

f:id:neguran0:20160810013227p:plain

 

f:id:neguran0:20160810215030p:plain

f:id:neguran0:20160818211227p:plain

f:id:neguran0:20160817000736p:plain

 ちょっと大きい風呂屋に行くと、出張髪切りがいる。
「なんかまた切られちゃったんだけど、どう変わったかもうわかんない」

ひとりごとのような声につられて、しげしげと見れば短くなったということはわかる。変わり映えは、しない。

「……とりあえずその美容師に同情しておきます」
「わたしどうして風呂上がりにいっつもつかまるんだろ」
「あの人達はそれが仕事ですからね」
「君つかまったことある?」
「頼むのは自分からですねえ」
「最近切ってなくない?」
「今刈ってきてもらったんですが」
「えっあっほんとだ後ろが短い、前髪は?」
「あー…もしかしたら後ろだけだったかもですね」

「ん? なんで? 伸ばすの?」
「いや、まあたまたま」

 申し訳ないがもうこれ以上時間を掛けたくない、しびれを切らして言ってしまった。無礼な客もいたものだ。それが自分とは。丁寧な髪切りだった。じゃあこのまま整えますよ、と何事もないかのように鋏を動かしていた。前髪はすぐ重くなる。そうしたらまた髪を切るために時間を分けなければいけないのに。落ち着かない。ずっと落ち着かない。