たぐらかす。

たぐる、ちらかす、はぐらかす。

おいしいものがあるような

「こういうの食べるの久しぶりですね」「うん。高価くついた」「まあ、それは(もぐもぐ)」「君は、こういうの好き?」「おいしいですね、たまに食べると」「おいしいけど、味わかんない」「ん?」「塩きつい」 投稿失敗した台詞入りと色塗り

はるばらばら

ホワイトデーにキャンデイ 被依頼人の同僚がよく運ぶお嬢様と花の図 ↓こどものころ *1 *1:drawrとハイクで描いてるときの気分ちがうよなあ、と試しにdrawrで描いているつもり、で描き始めてみたけど色塗らんのがよかったかなー。

移動者向け 春のごあんない

*1 *2 *1:冬服を返したそばから寒さが戻ってきて自分の油断を心中嘆く依頼人(顔に出てる)(取り敢えず着てる服の色を妥協しきれてない) *2:依頼人は髪色が緑なので赤系を着るとひとりクリスマスカラーになってしまうのを気にしています

何を着てても

こうしたい、と思わず告げたことなら、いくつかあってけど、何でか、は言っていない おまけ的衣装替え

ミルクパン大儀

この世の娯楽は小鍋の中で煉るココア。

節を分ける

*1 君はどうしたいのかなあとは、思う。 冬のおまけ ゆき こたつ *1: 二年連続二つ結びにされ微妙な心地だったので今年は髪を結われまいとする依頼人(美容師につかまりやすい体質…体質?) 風呂屋の中とか周辺に美容師や床屋がいて湯上りの客をとるかんじ。

確認もしくはおかえし

*1 *1: 三日くらいうねうね描けなかったらくがきがパソコンの電源抜けてたのにまたも気付かず消え、まあ描けなかったし…とandroidで描いてみようとしたらスクショ中に再読み込みで消え、紙と鉛筆に頼るのでした。(残骸) by neguran0 2018/01/26 16:27:06 f…

としのはじめのためしとて

ふるまい餅巡り中「腹八分っていうでしょうが」「空きがなくはない」「何分だと思って言ってます?」「九分くらい?」「だから腹八分って云うでしょうが」 大晦日の夜からうろうろとしましょう、などと自分からの進言がすんなり通って思わずこないだほめられ…

ひとには何をあげよう(神の子が生まれれば)

クリスマス絵

短い昼長い夜

*1 *1:被依頼人はその二年前より前の依頼人の薬好き(薬でもないのだが薬と呼ばれるあれこれ)で割といろいろひどい目に合っています(のはず)

ものはためしかいちどだけ

身に着ける身近

「頼んだよ、五年くらい前に」 「私、君が隣で寝てるの嫌いじゃないよ」「そりゃ……、ぁあ、僕も、嫌いではないですよ」「いやなんじゃないの」「いやですけど、嫌いじゃあないです」「ふん? ……っふふ、変なの」「変じゃないです」「そお?」「変じゃあない…

夜往く古株

紹介を受けたので仕事。 おまけ的 こういう診断メーカーの結果が出たので ymd-yさんリスペクト(一年越し)

衣更え

*1 おまけ的 後輩ちゃん 依頼人らより年下の人はそこらにあんまりいないので、後輩ちゃんと話せたのがうれしかったとかそういう話。 *1: HaikuOekakiで描いてたところをまーた戻るボタン押しちゃってスクショから編集アプリで描き加えたので途中からペンがち…

どこへ行くにも寒さは(あしやらふところやら)

うろうろ(神様のいない方)

おまけ的 眼鏡もといゴーグルと小さい依頼人

九月茫洋

どこに行きたいかわからない。 五分袖ですら腕にまとわりつくことがある。*1 おまけ的な。 被依頼人の同僚ちゃん(←)と後輩ちゃん(→) (同僚ちゃんは同期の内女性ひとりだけだったのでそんなあだ名に) (後のあだなは黒須(cloth)とか←服屋まわり担当し…

はちがつはちみつばにーはーと あと野菜

「ウサギさん、急いでいたのじゃなかったの?」「行きたいところがあるひとを運ぶのは僕の仕事なので」 *1 *2 *1:ここまで自分でカエルのかたちに手を組みながら薬指を眼にしてたんですが、もしかして小指の方が眼だったか……?という気がしてきたとかいう。…

なつどれそれ

*1 *1:この描き方だといつ着替えてるの? って感じが。依頼人はちゃんと自己申告して被依頼人に部屋から出て行ってもらってるかと。被依頼人も長めに時間とって(なんなら自分の用事済ませて)戻ってくると思われます。(被依頼人は基本風呂後の着替えで足り…

ぼんやり/高いところが

*1 *1: 掛け布団が二枚並列してるように描くの忘れてた。(わりとだいじなのに

なつあれこれ

「よい仕事がありますように」「幸福を」

おねがい(ニットの取り扱いについて)

「郵便来てたんですねえ」 「おう。出したよ」 「郵便屋さん来てたんですね……」 「おう。だろうな」 *1 おまけ的な *2 上司の人に先日の挨拶の件はどうするのか問われて「保留で!」と答える依頼人 *1:(ゆうびんうけが活用されるのがレア郵便配達は伝説のさ…

おねがい(もしくは洗濯時の注意)

(いなくなったのかと思った)(それともまた会えたところから全部) 「カーテンて洗った方がいいのかなあって。去年は洗った?」 *1 *1: 晴れた日に干した、だな ていうかくもりの日に洗って干した方がとかかな

あなたがどこにいるかを

ひとしごと

窓は曇りの日に拭くんだっけ? といいながら窓硝子外から拭いてたら土砂降られておつかれの依頼人。

(戻ってきたような心地はある)

布団カバーをつけねばならぬ。 ※家(もしくはおばけ屋敷)外観(イメージ) →裏手が山っぽい

ふたりでゆくところ

*1 「そういうの注釈ついてないですか?」「これ後ろのほうちょっとやぶけてるの、もらったん」 *1:貴方はなんかかきたいと思ったら『雨の日に相合い傘をして楽しそうな依頼人と被依頼人』をかいてみましょう。幸せにしてあげてください。 https://shindanma…

あいさつと報酬

おまけ的な ↑勘のいい同期に連れ去られる被依頼人の図 (ここの「ぴゃーん」て擬態語よくわからんが気に入ってたので自分には憶えていてほしい)

にげたら(やくそくやあいさつ)

十五と二十一の春

*1 *1:絵の中に描きこむ黄色はアレルギーを起こしにくくなった花粉なのですが、飛んでくる内にぼわぼわ膨らんで眼に見える大きさになりそこここにくっついたりして電線が折れたり色々回らなくなりました。みたいな。何故かしんかんせんは無事。